不機嫌なのは便秘だから|赤ちゃんマッサージと健康食品を併用

ギフト

お通じを良くするために

ミルクを飲む赤ん坊

赤ちゃんの便秘には、水分が大きく関係します。便秘気味の状態になったら、授乳回数を増やしてみたり、水分を多めに摂取するなどの他、赤ちゃんが過ごす環境を快適にして、汗をかきすぎない工夫をすることが大切です。

View Detail

様子がおかしいならば

親子

赤ちゃんの便秘を解消するならば、綿棒を使ってみるとよいです。肛門を刺激することにより、排便を促すことができます。様々な原因で便秘になりますが、排便が少なくても赤ちゃんの様子に問題がなければ便秘になっているとはいえません。

View Detail

資源を利用します

ベイビー

マッサージで対策出来ます

赤ちゃんが不機嫌なのは便秘だからです。便秘対策の一つとしてベビーマッサージがあります。具体的な便秘に効果があるベビーマッサージのやり方としてお腹周りを時計回りにさするのですが、そうすることで赤ちゃんの腸に刺激を与えるとされています。 しかし、ベビーマッサージの効果は便秘対策だけではありません。身体全体の血流をよくするだけではなく、安眠効果やお母さんと赤ちゃんの触れあいの機会にもなり、お互いの絆を形成することが可能です。 このようにベビーマッサージは便秘対策は勿論のこと、その他さまざまなメリットがあります。したがって、便秘対策の一つとして積極的に行いたい方法と言えます。 ちなみに、ベビーマッサージは1カ月ごろから可能となっています。

集まる場所を利用します

近年では産院や役所のイベントなどでベビーマッサージ教室が行われ、母親や専門家と気軽に触れ合えるようになります。また、ベビーマッサージだけでなく、育児イベントや育児サークル等が増えてきた傾向にあり、今後どんどん増えていくことが考えられます。したがって、赤ちゃんの便秘に悩んだり対策に困ったりしたとしても、こういったイベント等を通じで気軽に相談できる環境になってきたことが言えます。つまり、便秘対策に悩んだのであれば、ネット情報だけに限らず、専門家や先輩や同僚のお母さんに話した方がより具体的で効果的な方法を教えてもらうことができることから、積極的に利用すべき資源だと言えます。またそこで得た知識を元に、ベビーオイルなどを使ってマッサージをして便秘解決に努めていきましょう。さらに現在、マッサージのみではなく、健康食品で解決を図れるようにもなってきています。赤ちゃん用に販売されているので安全性も高くなっています。マッサージと並行して取り入れることで、より早く赤ちゃんの便秘を解決していけるでしょう。

浣腸でスムーズな排便

2人の赤ちゃん

便秘の赤ちゃんを持つお母さんにおすすめしたいのが、綿棒浣腸です。特に新生児期ほど薬が頼れないため、浣腸での対処が重宝します。 その方法は病院等で教えてもらえますが、麺棒浣腸においても回数制限があるため頻繁に行わないよう注意する必要があります。

View Detail