不機嫌なのは便秘だから|赤ちゃんマッサージと健康食品を併用

赤ちゃん

様子がおかしいならば

親子

綿棒を使う方法

赤ちゃんが便秘になってしまった場合、解消する手段として綿棒を使う方法があります。マッサージするといった方法もありますが、早めに便秘を解消させたいならば綿棒を使ったほうがいいといえます。ただし、綿棒を使った場合赤ちゃんが勢いよく排便してしまうこともありえますので、汚れてもいい状態にしてから行うことを忘れてはいけません。綿棒を使う方法は、生後まもない赤ちゃんでも行うことができます。綿棒にオイルなどをつけて、肛門に刺激を与えます。刺激を与えたからといって、必ず排便をするわけではありません。優しく行うようにして、様子を見ることが大切です。便秘になってしまうと機嫌が悪くなることもありますので、定期的に排便をしているのかを確認しておくことです。

変化によってもおこる

急に飲む量が減ってきたら、便秘になっている可能性が高くなります。また摂取している水分量が足りていない時でも、便秘になってしまうことがあります。様子をみていれば、便秘になっているかどうか判断することができますが、赤ちゃんの体質などによっても変わってきます。排便が毎日なくても、機嫌も悪くなく体重も増えているならば便秘になっているとはいえません。離乳食が始まり、食生活が変化することで便秘になることもありますが、環境の変化によるストレスでも、便秘になることもありえます。赤ちゃんがリラックスできる環境を作ることも、時には必要になります。あとは、病気になっていれば、便秘になる可能性が高くなりますので病院に連れていくとよいです。